福祉サービス第三者評価の結果について

アプローズHouse南麻布にて、令和元年度の福祉サービス第三者評価を受審し、結果が公表されました。いただいたご指摘を踏まえ、ひとつひとつ課題の解決に取り組んでまいります。

【評価結果概要】

*特によいと思う点
•事業所は、利用者同士のコミュニケーションや食事の団らんなど安全で心休まるアットホームで温かみのあり活動的な運営をしている
•グループホームでの生活を経て、自立した生活を目指し、身の回りの事が自分でできるように多様な支援をしている
•多様な社会体験の機会を通して、社会活動の楽しさを実感するとともに、社会的自立力の向上につながっている

*さらなる改善が望まれる点
•日々のヒヤリハットの記録化や、深刻な災害や事故等の影響が長期化した場合に備えた事業継続計画の策定が期待される
•通過型グループホームとして、シェアハウスでの自立訓練、サテライトでのスキルアップと段階的な業務の標準化の取り組みが期待される

評価結果の詳細はこちらからご覧ください。

all posts